この世に生命を得たひとつの証

それを安置する場所が墓であり

それは永遠の生命の象徴であると言えます

墓は霊の安らぎの場です

生きている人が愛情を持って

供養してくれる場なのです
 
     
             
   
             
 
お墓は一生のうちで何度も建てる
機会があるものではありません。
信頼のできる石材店を選び
安心して工事にかかりたいものです。
 
             
    お墓に使う石材
お墓には硬質で風化に強い石材が使われます。最も多く使われるのは一般的に御影石といわれる花崗岩で、安山岩、閃緑岩なども使われます。
 
お墓を建てる時期
いつ建てなければいけないと定まっているわけではありませんが、年忌法要にあわせて建てる事が多いようです。特に新仏のあるお宅の場合には故人の一周忌に建て、開眼法要をあわせて営む事が一般的です。なお建墓にあたっては石材の加工から基礎工事、据付までおよそ一ヶ月以上かかることがあります。法事の予定などを考え合わせて、早目に注文しましょう。
お墓ができたら
お墓が完成したら、あらかじめお寺様とうち合わせて日取りを決め、開眼法要を行います。魂入れ、入魂式などとも言われ、開眼をしてはじめて、私たちが礼拝すべき容儀がととのうとされています。
お墓を建て直すときは
お墓を新しく立て直すときは、古い墓石のお魂抜きの法要を行い、ねんごろに供養します。そして新しい墓石を据付けて開眼法要を行い魂入れをします。
お墓を移転するときは
お墓の引越しは「改葬」といわれます。書類での手続きが必要とされ、@旧墓地の管理者に埋葬証明書を発行してもらい、A受け入れ証明書を移転先の墓地管理者からもらいます。Bそして、その二つを旧墓地のある市区町村の戸籍係または市民課などに提出して、改葬許可証の交付を受け、移転します。
     
 
 

弊社の石種は常時20種以上!品質表示もしていますので、
安心して御求めいただけます。お墓ディレクター(2級)も3名在籍いたしておりますので、
お墓に関する疑問やご質問等に確実親切にお答えいたします。

わかりやすい立体完成図面や詳細まで表示したお見積書や1年後の無料サービスなどお客様が納得していただける建墓をご提供いたします。

いつまでのお客様のパートナーでありたいと、いつも心に。